FC2ブログ

冷凍されたオシドリとチューリップ人の王国

趣味で書いている小説用のブログです。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟹好きの人は読まないほうがいいかもしれない、元警官のAさんがカニを食べなくなった理由

忘年会シーズンになると必ず思い出すお話。

以前働いていた職場に、元警察官のAさんがいた。
その人の所属はラーメンの具材を連想させる名前のN海峡で有名なT島県だったのですが、ある日、海から人が上がってこないという通報が入ったんですね。
橋からの飛び降りだったか海難事故だったかはっきり思い出せないのですが、まあとにかく現場に駆け付けたら、ちょうど消防も到着したところだった。

今もそうなのかは知らないのですが、警察と消防は仲が悪かったそうで。
どちらかが先に着いて準備を始めていればよかったのですが、間の悪いことに同時に着いてしまったんですね。
それで案の定、「警察が行け!」「消防が行け!」の押し付け合い。
雄大な大自然及び大乱闘殴り合いブラザーズ開幕の予感を前に現場は緊張に包まれる!
そして、経緯はともかく一番新入りのAさんが先発で海に潜って行方不明者を探すことになった。

行方不明者が消えた地点にボートで乗り付け、海に飛び込む。
海の中って全然視界が効かないそうですね。
とにかく上から見下ろすほど中はきれいなもんじゃない。
ライトで照らすと水は緑色。
なんだかよくわからない白い塵のようなものが、視界一面をざーざー流れていく。
耳もとでゴーゴーと低い音が鳴り続け、うるさい。
でもって寒い。やたらと寒い。
いつ何どき何が現れるかわからない怖さだ。
こんな場所で死体なんか見つかるわけがない……と思いながら海底まで沈んでいくと、少し先の岩のそばに、何か人間らしきシルエットのものがある。

……見つけちゃったよ…………。

そう。ものすごい確率で、この人は一発でご遺体を見つけたわけですね。
ただ一つ気になることがある。
そのご遺体、まるで金粉をまぶしたようにキラキラした光に包まれているのだ。
何だろう、と思いながら近付き、ライトでまっすぐ照らしてみると……。

蟹がぎっしりご遺体を覆いつくし、その肉をちぎっては口に運び、ちぎっては口に運び、を繰り返していた。
光っていたのはライトを反射する蟹の目だったのだ。
そのとき、蟹の光る目が一斉にAさんのほうを見た。少なくともAさんはそう感じた。

ゴボオッ!!!

自分の口から大量の泡が出ていくのがわかる。
酸素の残量を示すメーターがものすごい勢いで減っていく。
恐慌に駆られて海面に飛び出し、ボートの上の上官に取り乱しながら報告する。
「み、み、み、見つけました!」
しかし、見つけたからと言って褒めてもらえる世界ではない。
「何ぃ? 見つけたならお前、どうして拾ってこないんだ!」
「だって、だって、蟹が死体を食べてるんです!!!」
「バカモーン!」拳骨が落ちた。「だったらなおさら早く拾わんかい!」

それ以来Aさんは、絶対に蟹を食べないそうだ。
なんていうか……人が絶対にやりたくない仕事をしてくれる人がいるから世の中は回っているんだなあ、と思ったお話です。


COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://reitouoshidori.blog.fc2.com/tb.php/419-c0fb6a5c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

とよね

Author:とよね
ファンタジーやSFをメインに小説を書いてます。下のカテゴリ欄から読めるよ!
★印つきは連載中。

冷凍オシドリ累計

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。